(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

生姜をもらったから使い道を考える

育児・家事のこと

写真の通り、大きな生姜をもらいました!
普段は生姜焼きを作る際、いい香りがするしすりおろしたいなーとも思いながら、結局チューブの生姜を買ってしいます。だけど、今回はもらったからにはより、有効に使いたいと思います!

まずは、生姜の甘酢漬けを作ってみた!

入れ物は熱湯消毒しました。念のためにね!
スライサーでスライスして小さくなったものは薄く包丁で切りました。これでいただいた生姜の1/3くらいを使ってます。

生姜を熱湯にくぐらせ、塩水に約10分つけます。で、水を切っておく。水、砂糖、酢をひと煮立ちさせて先ほどの生姜と合わせて入れ物に入れて冷蔵保存。この写真は半日漬けた状態です。ぜーんぶ目分量!ズボラ料理だけども美味しくできました!

生姜の甘酢漬け

ここで生姜の効能を知っておこう!

抗炎症作用鎮痛作用血液サラサラ効果血行促進作用殺菌作用健胃・整腸作用
うん、なんとなく体に良さそう!私の冬の困りごと、冷え性を改善してくれそうな血行促進作用は注目ですね。

しょうがの成分として有名なものに、生の生姜に多い「ジンゲロール」と生姜を加熱して乾燥すると「ショウガオール」が多いそうです。
血管を拡張させ血行を促進し、体を全身から温めてくれるのがこの「ショウガオール」の働きです。他にも血管を健康に保つ機能があり、血液サラサラ効果や健胃・整腸作用なども「ショウガオール」の特徴ということなので、次に作るものはこの作用が得られるものにしたいと思います。

生姜湯

皮ごと薄切りにしてキッチンペーパーを敷いた耐熱容器に並べて、ラップをせずに電子レンジで5分ほど加熱。ザルなどに広げて天日に当てて水分を飛ばした生姜粉末にしてお湯に入れてのみます。もちろん生生姜を擦ってお湯に入れて飲んでもいいんですけどね。

はちみつとレモンを加えてみる

甘味が欲しかったらはちみつとレモンを加えることでスッキリとした甘い生姜湯になります。

紅茶に混ぜてみる

おしゃれなカフェに早変わり。紅茶好きなら、これで生姜を取り入れるのがいいですね。

ごはんのお供!生姜の佃煮

これを参考に作ったら、とっても美味しくできました!おすすめ!
子どもも旦那も喜んでくれました。

基本中の基本!生姜焼き!

りんごと生姜のジャム

生姜はスライスして水にさらす。りんごは皮をむいて小さないちょう切りにする。鍋に水気を切った生姜、りんごを入れ、砂糖をかけてレモン汁を加える。そのまま20~30分ほど置く。少し水分が出てきたら火にかけて蓋をし、時々全体を混ぜながら10分ほど煮る。フードプロセッサーにかけてペースト状にする。鍋に戻して火にかけ、木べらでなべ底から混ぜながら水分がほとんどなくなるまで煮詰める。で、出来上がり!

フードプロセッサーがなければ最初からすりおろして作れば大丈夫です!

おしゃれさんはこの、アップルジンジャーシロップが良いと思う!

生姜のクッキー

これもとても美味しいです。結構簡単に作れるので、子どもが大きくなったらまた一緒に作りたいな。

  • 薄力粉50g
  • 砂糖30g
  • すりおろし生姜20g
  • サラダ油大さじ1
  • くるみ10g
  1. 準備.オーブンは170℃に予熱しておきます
  2. ボウル薄力粉、砂糖、すりおろし生姜を入れてよく混ぜ合わせます
  3. 天板にクッキングシートを敷き、スプーンで形を整えて並べます
  4. くるみを砕きながらのせて、手で押さえます←これは食べた時の食感が良くなります!
  5. オーブンで20分焼き、こんがりとした焼き色が付いたら完成!!

我が子に(1歳8か月児)生姜は与えた?

積極的には与えていません!やはり刺激物になると思うので、味が強い、辛いと感じるものは与えていませんが、ほのかに生姜がはいってることがわかるような、生姜とリンゴのジャムや、生姜のクッキーは美味しそうに食べてくれました。ちなみに三歳以降に食べさせる方が多いようです。

最後に、「妊婦は取りすぎ注意」だった。

しょうがは万能ですが胃腸が弱い方や妊娠中の方など、過剰に取りすぎると悪影響を及ぼす場合があるので適正量を守るようにしてください。

妊娠中に下記の治療薬を使用している場合は、しょうがの成分によって治療効果を妨げる可能性があるため注意が必要です。治療中の妊婦さんが、しょうがの摂取について気になる場合は、医師や薬剤師へ相談しましょう。
血糖値を下げる治療薬:インスリン(ヒューマリンR®ヒューマログ®ノボラピッド®等)
血液の凝固を防ぐ治療薬:ヘパリン(ヘパリンCa®)低用量アスピリン(バイアスピリン®バファリン配合錠A81)
血圧を下げる治療薬:カルシウム拮抗薬ニフェジピン(アダラート®)

https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_BabyCalendar_10894/pid_2.html

生姜の保存方法はこちらが参考になりそうです!

写真がたくさんで見やすいし、そうそう!普段スーパーで買うとそうなるよね!って納得しながら読めちゃう記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました