自慢したくなるコンパクトで可愛い我が家の雛人形はこれ!

育児・家事のこと

雛人形を購入するまでの流れ

2018年の3月末に産まれた我が子ですが、切迫早産で1月から実家で安静にしていました。
2月に入ってすぐのこと

母

切迫早産だし2月中に生まれてくることあるよね?雛人形買ってあげたいんだけど!これどう?これもかわいいよ!

私

いやいや、生まれてきたとしてもお祝いしてられないし来年でしょ?


と、なりまして我が子が無事に生まれてきてくれたのは3月末のこと。
その年10月ごろ、、、

母

そろそろ雛人形を選ぼうよー!と実家の母。

一人でスマホを見ながら選ぶのを楽しんでる様子です。それも候補として出してくるのは10万超えばかり、なので気が引けます。

私

どうしてそんなに買ってあげたいの?それもそんな高級そうなのばかり…1万くらいで簡単に済ますでいいよー!

そうしたら訳を教えてくれました。

母

自分のお父さん(私のお爺ちゃんですが、小さい頃に亡くなってます)がね、私たち(母には姉がいます)の雛人形買う予定でお母さん(お婆ちゃん)から15万円受け取っていたのに、違うことで使っちゃってすごい小さいのを買ってもらったの。近所の友達は、7段飾の大きな立派な雛人形を飾ってる家庭が多くてうらやましかった!!もちろんお父さんはかなり怒られて、私たち子供からもお怒り…反省と後悔があったのか、孫の雛人形は良いものを必ず贈る!ってなって、アンタの時はかなり良いのを買ったのよ。
お姉ちゃんやお兄ちゃんの子供にも同じくらいいいもの買ってたんだから。
あと、お姉ちゃんと二人で一個で、妹だったからどっちかっていうとお姉ちゃんのものって感じがしたのも嫌だったなあ。

ちなみに、アンタが子供の時は雛人形大好きだったしすごい喜んで飾ってたんだから
親が思う以上に、子供は自分の雛人形があることを喜ぶのよ、だから遠慮はいらないし良いものを買おう!と言われました。

買ってもらったのはこれ!【 一秀 丸窓竹製円形台 十五人飾り】

サイズ:間口60×奥行25×高さ60cm
・ネームライト (電気コード式)
・オルゴール付き写真立て (曲名:ひなまつり)
・お手入れ3点セット(けばたき、手袋、クロス)
・被布着 花柄 (1~3歳まで着用可能)

雛人形を用意する意味って?

お雛様は赤ちゃんの身代わりの役目を持っています。一年一年の赤ちゃんに纏わり付く好くないものを撫でモノとも言いますが、触ることで、移し替わってもらいます。

そのため一年一年、赤ちゃんはすくすくと成長できるようにとお願いしているおまつりが雛祭りです。もうひとつ、お雛祭りの中には、予祝という考え方があり、幸せは、急に来てくれるものではなく、先にお祝いを重ね準備をして、初めて手に入れられるものだという考え方です。

そして、お雛様をしあわせにすることが赤ちゃんの幸せにつながると考えられています。

もちろん、お雛さまを、毎年出していただかないとお雛さまがかわいそうだというのも、大事な感覚で、用意して頂いたお雛様をその子の身代わりとして大切に飾っていきましょう。

どうしてこれを選んだか

顔がかわいいなぁ、と思ったのと、古風すぎず現代すぎずな感じ、設置スペースがあまり取られないこと、コンパクトだけど豪華に見えること、設置場所を移動させることができる、お手入れや出し入れが難しくなさそう。一番はやっぱりパッと見の印象ですかね?

普段は玄関の靴棚の上に置いているのですが、初節句のお祝いをするときはみんなでご飯を食べるリビングに飾りました!やっぱりみんな集まっているときに見える場所にあるのはいいな、と思ます。

誰に買ってもらった?

前述でも記載したように、実母です。一応習わしにらしたがった形になります。

本来は誰が買うもの?

女の子が生まれた場合、初節句の雛人形は母親の実家が買うのが一般的です。

母親の実家が買う理由は、雛飾りが古くは嫁入り道具のひとつだったためです。
その昔、上流階級の姫が嫁ぐ時は「雛道具」と呼ばれる婚礼調度のミニチュアを調度品と同じ数だけ作り、「これだけの婚礼調度品を輿入れに持って行きます」と婚家へ届ける習わしがあったといいます。この「雛道具」が庶民へ広がり、雛段飾りに取り入れられたと言われています。

今のように核家族化が進む前は、結婚すると女性は実家を出て男性の家で暮らすのが一般的でした。その時代、初節句の雛飾りを母親の実家から贈ることは、離れて暮らす祖父母が娘や孫の顔を見に行くよい口実になったとも言われています。

しかし、現在はどちらのご家族とも同居しない夫婦も多く、かならずしも母親の実家が雛人形を買うとは限らなくなっています。双方の実家で折半するといったケースも見られますし、若い両親が自分達で購入する場合もあります。絶対に母親の実家が買うという決まりはないので、かわいいお子様のために両親と双方の実家が和やかに話し合って決めるのが一番です。

飾るのはいつからいつまで?

お雛様を飾る時期は、立春(節分の翌日、2月4日ごろ)から2月中旬にかけてがよいと言われています。 節分で豆まきをして厄を払ったあとに飾る、という流れで覚えておきます。これは、桃の節句は春の節句という事もあり、春の訪れを告げる立春が一つのベストタイミングだからと言えます。

初節句は何をした?

私の家は、義両親から初節句のお祝い会をしよう!と持ちかけられ、雛人形は両親からお祝いに貰ったことを伝えました。そうしたら、私たちからプレゼントがないのも悲しいし、つるし雛を贈らせて!とつるし雛をいただきました。

プレゼントに貰ったつるし雛はこれでした。とても可愛いし、気に入ってはいるのですが、雛人形と色合いが・・・・木目調と黒になっていまったので残念です。できれば、どんな雛人形を買ったのか聞いてから選ぶといいかもしれません。

雛祭りぽいお祝い弁当を頼み、ハマグリのお吸い物は自家製、あとケーキとフルーツを用意しました。まだ1歳になったばかりで子供が食べれるものは限りがありますが、なんとなく雛祭りぽい幼児食を用意しました。一応両家に集まってもらいました。子供には着物ロンパースを着せて、それらしい雰囲気を。フォトスタジオで写真を撮る人も多いようです。

雛祭り、初節句のお祝いは何をする?

雛人形を飾るのはもちろん、初節句は大きな節目ですから、双方の祖父母や親戚を招いてお祝いの宴席を開くのが一般的なようです。祝い膳には、菱餅やひなあられに加えて、貞操と夫婦和合の象徴である「蛤のお吸い物」を用意します。また、「ちらし寿司」も定番です。

大事なお祝いの記念に、無事に初節句を迎えた姿を残しておこう!と写真館などで家族そろって記念撮影をするのも人気です。また、今後の健やかな成長を願って神社で祝詞をあげてもらうこともあるようです。

みんなからお祝いをもらうもの?

一般的には、祖父母は雛人形や飾り(吊るし雛、被布、名前札)を贈り、親戚などは5,000~10,000円程度のお祝い金またはギフト(おもちゃや衣類、選べるカタログギフトなどが人気)を包むとされています。
しかし、昨今では、住宅事情などから飾りを希望しない家庭も増えていますあまり神経質に金額にこだわる必要はありません。

初節句以降の雛祭りはどう過ごす?

女の子の親は、迷っている方が多くいるようです。

食事はちらし寿司をいつもより豪華に飾りつけをしてつくって、みんなで食べてますよ。あとは、ひな祭りケーキを食べたりしています。あとは写真をとったり、いがまんじゅうを食べたりしています。それくらいしかやらないですが…。

定番ではありますが、ちらし寿司にハマグリのお吸い物を食べています。ちらし寿司は子どもといっしょに飾り付けをすると、楽しんでくれました。デザートにはケーキを用意しておいて、雛人形のまわりには雛祭りにちなんだお菓子を置いておくと、子どもたちは喜んでいます。

ひな祭りは、ちらし寿司ケーキや手毬ずしにから揚げなど、子どもたちの好きなメニューをかわいくデコって、毎年手作りしています!いつもとちがう豪華なごはんに、こどもたちは外食よりも喜んでくれます!私は両親、義両親ともに近くにいますが、ひな祭りの際は特に呼んでいません。

雛人形は子ども達と一緒にワイワイ飾っています。「お雛様が子どもちゃん、お内裏様が未来の旦那様なんだよー」と人形の話などをしながら、歌いながら楽しく飾ります。食事は人形に見立てたものを稲荷寿司で作ったり、菱形ケーキのお寿司にお刺身で花を飾ったり。蛤のお吸物、茶碗蒸しは定番で、あとは子ども達の好きな物を作ってだします。デザートは子ども達と作ります。混ぜる、入れるなど簡単な作業をしてもらいます。皆で楽しく用意をして、賑やかに食べる感じです。

探してみるとこのような意見がありました。参考にしたいと思います。

その他の疑問!

私ももうすぐ2歳を迎える娘の雛祭りは何をしようか迷っていました。また、祖父母への声掛け等必要なのかな?とも考えたり、あと二人目が三月に産まれるので、二人目の人形をどうしようか・・・二人目の初節句の時は上の子は何をする?とか、伝統行事ではあるけれど知らないことばかりの雛祭り事情、まだまだ調べていきたいと思います。

二人目の初節句、上の子は何をする?

コメント

タイトルとURLをコピーしました