(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

事務から営業に転職、困ったこと、良かったことは?

仕事のこと

簡単に自己紹介。大学を卒業後事務職として大手総合商社に就職、2年半でベンチャーの営業に転職した経歴をもっています。事務から営業と全くの畑違いの職種に転職した訳はこちらで書いていますので、ご覧ください。
事務職の仕事が合わないと考え、転職を考えている人、だけど全く違う職種に移ることに抵抗がある、不安がある、という方に読んで欲しい内容となっています。私自身、当時は悩みましたが実際に営業として働いてみて、とても充実してやりがいがあったと思います。また、女性だからこその細かい気配りができる営業で、新規顧客の開拓に、男性以上に成果を出せたときもありました。ぜひ、悩んでいる方は挑戦してみてください!

◆読んで欲しい人

事務職として働いているけど、営業に転職したいと考えている人
事務職か営業職で迷っている人
個人の営業か法人の営業か迷っている人←私は個人の営業でした

事務から営業になってことの強み

資料作成が早い

事務職と言っても私は営業事務でしたので、営業さんの働き方をある程度知っていました。また、営業資料の作成の手伝い経験もあったため、提案資料の作成や打ち合わせや要望の資料の作成は他の人より比較的早く作成することができていたと思います。

サポート・事務の方とのコミュニケーションがスムーズ

事務の経験があるからこそ、この状態で書類を渡されたらいやだろうな、これをやっておくと楽になるかな?など気遣いができていたと思います。

電話対応は比較的得意だった、テレアポに活かせたと思う

ベンチャーの営業にはテレアポがある会社が多いと思います。電話越しに怒鳴られることも多々・・・・。

スケジュールの調整力があったと思う

事務職をやっていると、あの営業さんとこの営業さんの仕事を振られた際に、納期の伝え方であったり、配送品の手配に関してもどちらを優先したほうがいいか、など調整することがあったと思います。そういった点で、社内の状況、自分の状況、お客様の情報と三者の状況を見ながらスケジュールを組むことができていました。

困ったこと

まず、知らないことが多すぎました。
例えば、スーツの着方やボールペンや腕時計と言った身だしなみ部分、(実際に買い揃えたものをこちらで紹介しています!)ブレイクタイムやダウンタイム、話し方や、提案からクロージングまでの手法、契約書の書き方や印鑑の種類、などなど。

あと、とっても勉強や情報収集に時間を費やしました。就職した会社がWEBコンサルティングということでWEB系の話や、新聞に出たNEWSなど、お客様と会話する上で知っておいたほうが良いことは沢山あります。もちろん知らないことは知らない、と言えばいいのですが、「あの人に聞けばなんでもわかる!」「だからあの人任せるんだ」営業マンとしてそう思ってもらいたかったから。ただ、これも限界があるので、何か一つに精通して、この分野ならだれにも負けません!と言った強みがあると、もっと良かったなと思います。本当に例えばですけど、野球のこのチームだけはどんな質問にも答えられるし、意見ができる、といったようなことです。

営業手法別に見る営業の種類

  • 新規開拓営業
  • ルート営業
  • 訪問営業
  • 飛び込み営業
  • テレアポ営業
  • テレコール営業
  • インサイドセールス
  • 反響営業
  • 受付営業

私はこの中でもテレアポ営業からの新規開拓、既存顧客からの反響営業がメインでした。営業に転職するにしても、どの手法が合うかやってみたらわからない部分がありますし、それぞれにストレスたまるようなきつい仕事精神的に辛い仕事があります。慎重に選んでみてください。

学んで良かった営業トーク

【STEP1】アプローチ顧客が抱えている課題や問題意識を探る段階。
【STEP2】商品・サービスの説明顧客の課題や問題意識に対して、自社製品を解決策として提案する段階。
【STEP3】クロージング顧客が購入することを決め、契約を締結する段階。

当たり前かもしれませんが、主にこの流れで会話を進めていきます、そしてトークスクリプトなるものを作成して練習していました。値段の見せ方や、クロージングへの運び方、キャンセルや失注をさけるための注意点など、自分が営業マンとして学んだからこそ、プライベートで営業を受ける際に、「あーこういう手法でくるのね」と思ったことが何度もありました。だからこそ、自分が購入するときは営業マンの良しあしを重視するようになりましたし、だまされないぞ、という気持ちも強くなったと思います。

営業職のやりがいとは?

・顧客との距離が近く、貢献を実感しやすい
・営業成績が可視化しやすく、評価につながりやすい
・インセンティブがある場合は高収入が期待できる

この三つが主にだと思います。中でも私はインセンティブ制度で、営業に転職した1年で年収が約100万近く上がりました。もちろん、契約が取れていなければ下がって行くんですけどね・・・。

事務から営業への転職はおすすめ

未経験でも、年収アップや、仕事へのやりがいを求め、顧客との距離が近く貢献を実感したいと思うのならば、営業職への転職はおすすめです。勿論、未経験ということは即戦力というよりも、これから成長していかなければならないので、大変なことは多いかもしれませんが、成長し続けることに楽しさを覚え、やればやった分だけの成果が出るので、楽しめる職種だと思います。ただ、営業で躓いたときに事務は楽だったな、と思えてしまうこともありました。なので今の環境が本当に、自分にあっていないのか、今一度考えてみた上で、それでもやってみたいと思う方はぜひ挑戦してみてください。ベンチャーの営業は沢山求人が出ています。経歴や職歴がなくてもやる気で採用してくれることが多いので、選択肢にいれてみてください。

電話でOK!ベンチャーで働いていけるか不安?あなたの適性を無料診断//

コメント

タイトルとURLをコピーしました