(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

二人育児の専業主婦|家事時間を書き出すとすごいことに!!

育児・家事のこと
広告

細かい作業の積み重ねである家事。「毎日大変」「時間がない」「家事して育児してどうやったら在宅ワークできるの」とか、声に出すことは多いけど、体験してない人にはいくら言っても伝わらないんですよね。

だから数値化して表してみましょう。もしくは、体験してもらいましょう。私自身、書き出してみたことで自分の負担度合いがわかったし、旦那にも伝えやすかった。その上で、どの時間を削り自分の時間を確保するか、効率化するためにはどうしたらいいかなど見直すことができました。

ぜひ、時間がある時に自分が何にどれくらい時間を使ってるのか書き出して見てください!

それでは、2歳児と0歳児で2ヶ月の娘二人を育てている専業主婦の家事時間を見ていきます!

未就学の2児がいる専業主婦の家事・育児時間とは?

い:起床、おむつ替え 5分
か:朝食の準備 10分
か:洗濯機を回す 5分
い:朝食を食べさせる 10分
か:洗濯物を干す 15分
い:子供と自分が着替える 10分
か:食器を洗う 5分
い:下の子を起こして授乳 15分
か:掃除機をかける 10分
か:トイレ掃除かお風呂掃除か玄関掃除かキッチン掃除かどれかをサイクルで掃除 10分

い:公園に行く準備、着替えやお菓子や飲み物など 10分
い:1時間半ほどお散歩&公園遊び 90分
か:昼食の準備 15分
い:昼食を食べさせる 10分
い:授乳 10分
か:食器を洗う 5分
か:おやつと夕食の準備 30分(子供はお絵描きかテレビ)
い:眠くなるまで遊びに付き合う 30分
い:起きたらおやつ 10分
い:授乳 10分

か:洗濯物を取り込む 5分
か:洗濯物を畳んでしまう 15分
い:庭遊び 30分
か:夕食の準備 30分
い:夕食を食べさせる 10分
か:食器を洗う 10分
い:授乳 10分
か:お風呂を洗ってわかす 10分
い:お風呂上がりの準備 5分
い:お風呂から出てきたら服を着せて保湿 10分
か:旦那の朝食の準備 15分
か:ゴミ捨ての準備 5分
い:授乳 10分
い:寝かしつけ 30分
い:夜中の授乳 10分×2

か、家事時間合計、約195分、3時間15分
い、育児時間合計、約325分、5時間25分

※黄色の部分は「もしパートや働きに出ていたらやらない家事・育児」だと思っています

その他に、買い物や銀行、子供の病院、洗面台の掃除、キッチンの掃除、玄関の掃除、おもちゃたちの掃除、ペットボトルや缶のゴミ捨て、日用品の在庫補充や衣替え、庭の草むしり、郵便物の処理とあるし、献立考えたり、洗濯後はゴミ屑フィルター洗ったりお風呂の蓋洗ったら、排水溝掃除したり…考えればどんどんでてきますね。

どの時間を減らしたい?

洗濯時間も干す時間も畳む時間も掃除機掛けの時間も減らしたい!欲を言えば子供だけに向き合えたり、家事だけに向き合えたり、それができるのが一番の理想な気がします。自分の思い通りのことが進めば家事や育児時間もそこまで苦にならないはず、あれもやってこれもやって、あ、あれもやらなきゃこれもやらなきゃと、迷ってしまうことも大変です。そして繰り返される、ということも苦痛になっていると思います。

子供が2人目ともなると、1人目を育てていた経験から最大限に家事時間を短縮するようにはなっているはずなんです。それでも苦に思えるのが家事・育児時間なんですよね。

減らすための工夫は?

1人目を育てていた経験から最大限に家事時間を短縮するようにしたと前述しましたが何をしたかと言うと・・・

・買い物は週に一度、休日にこどもはパパに任せる
・掃除機をコードありからコードレスに
・洗濯ものをしまう場所を一か所に(子供部屋・大人部屋・タオル類と部屋が分かれていました)
・掃除道具は使う場所のすぐそばに
・大人と子供の料理を分けない、子供が食べれる味付けで、パパには調味料で自分で工夫してもらう

これだけでもかなりの時間を短縮できるようになったと思います。

世間の平均家事時間は?

平日は3~6時間が一般的だそうです。 我が家の家事時間は一般的かな?といっても目に見える家事時間はこの通りなんですが、
頭の中では常に、あの在庫がなくなりそうだから補充しなきゃいけない、あれも買っとかなきゃいけない、いつまでにあれは提出だったっけ?今日の献立はあれだから、子供が寝ている間にあれだけしておこう、明日はゴミ出しだからあのごみまとめておこう、などなど家事や育児のことが常に頭で回っています。

チリツモですが細かな家事時間を足していけば寝ている時間以外全てが家事時間と言っても過言ではない気がします。

カツカツと音を鳴らしてヒールを履いてスーツ姿で歩く女性や、お店に行って満面の笑みで接客している方などキラキラしている女性を見ると、他のママと比べて自分は手際が悪いから疲れ切った顔してるんだよな。自分の身なりに気を遣えてないな。など落ち込むこともあります。
どんな方法でも、世の中のママの負担が大きくなりすぎないように、家族の協力を得ながら家事と育児を進めていけると良いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました