スイミングインストラクターって何するの?女のコーチが有利?!

swim スイミング

スイミングのインストラクターの求人ってたくさんでていますよね。そして、時給が高いから目に止まりやすい。1レッスン1000円~1800円で求人を出しているところが多いと思います。スイミングインストラクターとして働きだして約1年。実際の業務内容と、困りごとや、良いポイント、やだなーなんて思うポイントなどを紹介していきます。

大学生が多い、若く鍛えている人が多いと思われがちなスイミングインストラクターという仕事、実際は子育てを終えた女性が多かったりするんですよ!

スイミングインストラクターの求人内容と実際の業務

以下は私が応募した時の内容です。約1年勤めて相違があるか確認していきます。

■仕事内容
初心者でも大丈夫、泳げなくても大丈夫
■アピールポイント
クラスを受け持つようになれば自分で練習メニューを考えてレッスンしてもらいます。
■求める人材
必要なスキルは特別なし。子どもが好きで、人と接する事が好きな方なら大丈夫。
■勤務時間・曜日
レッスンのメインは15時~19時の間が中心。この時間帯の中で1日2時間~3時間レッスンを担当していきます。
希望があれば、その他の時間帯もOK、特に土曜日は入れる方は優遇。
■休暇・休日
ご自身のスケジュールに合わせて勤務、ただしテストの関係で2か月間は担当クラスを受け持っていただきたい。
■給与
950円 – 1,700円/時給

業務内容

■仕事内容
初心者でも大丈夫、泳げなくても大丈夫
〇⇒4泳法が泳げる程度で、タイムが早い人もそこまでいません。
■アピールポイント
クラスを受け持つようになれば自分で練習メニューを考えてレッスンしてもらいます。
〇⇒これがなかなか厄介。練習メニューのマニュアルがあるけど、毎回一緒のメニューになってしまう。
■求める人材
必要なスキルは特別なし。子どもが好きで、人と接する事が好きな方なら大丈夫。
〇⇒ほんとにスキル必要なし!でもプールが怖くて吐く子もいます。お腹が痛い、トイレの付添、なんて業務もあります。
■勤務時間・曜日
レッスンのメインは15時~19時の間が中心。この時間帯の中で1日2時間~3時間レッスンを担当していきます。
希望があれば、その他の時間帯もOK、特に土曜日は入れる方は優遇。
〇⇒小さな子持ちにとって平日の15―19時は大事な時間・・・土曜と、平日の幼稚園のクラス、レディスのレッスンに入ってます。
■給与
950円 – 1,700円/時給
〇⇒20年勤めているおばちゃんは1800円でした!私は一年勤めてやっと1050円になったところです。安い・・・・
ただ、水着、帽子の支給があります。ないスクールもあるようなので便利です。

その他業務内容で、これもやらなきゃか、なんてのがあるんです。時給と書かれているけど、レッスンの前にミーティングがあったり、子供たちはレッスンの15分前くらいから来出すから受け入れしなきゃいけないし、足場の設置や片付けなどの準備設営時間もレッスン前後であります。

ここのところが、時給と書かれているのに、不満を持っている点ではあります。

給与・時給の上がり具合

私が勤めているプールでは半年に1回査定が行われます。クラスを受け持ったから上がる、というよりは査定する社員によりけりな気がしています。

スイミングインストラクターのアルバイトと社員の違いは?

責任感が違うようには感じていますが、レッスンを受ける子供たちの親からしたらその違いってわからないですよね。若ければ大学生のバイトかななんて思えるけど30代となると、バイトでスイミングインストラクターやるか?なんて考える人もいるかと思います。

社員さんの仕事内容としては、水質管理や掃除、ロッカーやサウナの設備管理、広告やイベントの作成、親御さんとの対応、など業務は沢山あるように見受けられます。

水泳インストラクターになるための資格・試験難易度を紹介

基礎水泳指日本水泳連盟認定の「基礎水泳指導員
スポーツジムやフィットネスクラブ、スイミングスクールなどで、水泳・アクアサイズ(水中で行うエアロビクス)・水中歩行などを指導するための資格です。
https://swim.or.jp/swim/


日本スイミングクラブ協会認定の「水泳指導員
専門的な水泳指導を行う「水泳教師」と、専門的な指導を行うとともに各種事業の計画・立案、地域スポーツ施設の経営コンサルタント的な仕事も行える「水泳上級教師」の2種類あります。
https://www.sc-net.or.jp/

未経験、無資格でも、泳げなくてもアルバイトはできる

上記にあげたように資格はあるけれども、資格の有無で親御さんたちからの評価や社員からの査定が変わるわけではありません。資格があることで自分の〈自信〉となるのが資格を取る一番の理由かと思います。とりあえずどんな人でもスイミングインストラクターにはなれますが、おススメするわけではありません。

スイミングインストラクターの良さ・悪さとは

子供たちが楽しそうに練習している姿、泣きながらもテストで受かりたい!と頑張る姿、それらにとても元気を貰えます。大変、水難事故への注意が特に気を張りますが、楽しい仕事だと感じています。冬になれば寒さと付き合っていかないといけないのは、結構つらいです。あと、寒さから体を守るためなのかな?脂肪がついた気がしています。

親との関わりはどれくらいある?

アルバイトで働く限り滅多にないと思います。短期教室の最後や、帰宅時に親御さんとすれ違う時など、たまに発生しますが親御さんから直接話かけてくることはほぼありません。親も何かあった場合は受付を通して言ってきます。ただ、スイミングスクールは必ず観覧席があるので、見られている、という意識は常にあります。

よくあるクレームとは?

✓男性コーチが女の子の体(胸・お尻)を触った
✓順番をみていないからうちの子だけ本数が少ない、抜かされている
✓ゴール付近に人が集まっていてうちの子だけ最後まで泳げない
✓先生が怖いからと行きたくなとぐずる

が多いかなと思っています。この中でも一番問題視されているのが男性コーチの女の子への接し方。どれだけ気を付けても触れてしまう可能性があること、そしてその女の子がそのコーチを「嫌い」と認定してしまえば少し触れただけでも「いや」になってしまうものです。かなりセンシティブな部分だと感じています。

女性が有利かもしれないスイミングインストラクター

クレームの部分で女性スタッフの有利なのかな、と感じます。そしてプールを習い始めるお子様たちは3歳~6歳あたりが多く、まだ「お母さん大好きっこ」。ママ・お母さんのように接すことができるスタッフは安心感を感じてもらえる気がしてます。また、保育園や幼稚園でも男の先生が少ないことから、男の先生=怖い、と最初から判断する子もいるため大変だな、と感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました