(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

家を建てる|トイレの間取りは窓の位置に要注意!

家のこと
広告

トヨタすまいるライフで家を購入してから二年が経ちました。その中で掃除がとても大変!間取りで確認しておくべきだった!と思う点をご紹介します。

今回は「トイレ」です。ただでさえトイレ掃除って億劫になりますし、我が家はトイレトレーニングが始まったことで、トイレ掃除の回数も増えるわトイレにおく物も増えるわで困っています。
トイレの間取りを広く取ろうと思うと他の部屋が狭くなるし、広いと掃除も大変、だからといって狭いと窮屈だし掃除がしづらかったり・・・トイレットペーパーの位置や手すりの位置、収納の位置も考えないといけないし、トイレのことを考えるのも難しいですよね。でも、もう一つ考えるポイントをそしてトイレに窓が必要かどうか、必要なら窓の位置をどうするか、よーく考えるようにしてください!

それでは、我が家のトイレの窓の位置で後悔したポイントをご紹介していきます!

トイレ掃除でつまづくポイント

トイレ掃除の手順としては、トイレの本体⇒壁⇒床の順番で行いますよね。上から下へですよね。
トイレの本体はお掃除シートで上から順番に、トイレタンク、便座、便座の外側と拭いていき、次に便器の中に中性洗剤を吹きかけてトイレブラシでこすります。だいたいの人がこのような流れで掃除をするのではないでしょうか。で、一番汚れが溜まりやすく重点的に掃除をするのが便座と便器の中だと思います。ただ、我が家は「トイレタンク」でつまづきます。トイレタンクというか手洗い水がでる部分です。

下の画像の通りなんですが、このタンクに埃が嫌というほど溜まります。一日経ってティッシュでこすれば黒い埃がつきます。この画像は一度吹き上げた状態です。

ここに埃が溜まると、まずトイレシートでは拭けません。埃が溜まっている場所をトイレシートで拭くと黒い玉のようにかたまりになってこびりつきます。それらを一つ一つ取るのも一苦労。というか毎日吹き上げないと埃が溜まりますが、もう嫌だから放置しておこう!と思ったことも何度かありますが、そうするとどんどん目立って我が家のトイレは汚いところ、というイメージが自分の中についてしまいそうで・・・放置しておくことはできません。だから毎日毎日吹き上げます。

トイレの間取り|窓の位置

ではなぜ、トイレタンクに埃が溜まるかというと、トイレの窓の位置がこのようになっているからです。

勿論、窓を開けさえしなければ風も入ってこないし埃が溜まることはないかと思います。ただ、やはり換気したいし、換気するにしてもトイレに入っているだけ、と思って毎回開け閉めするのもめんどくさい・・・←これが一番いい方法なのにめんどくさいと諦めてしまっているんですけどね。掃除するのもめんどくさいと思いながら毎回の窓の開け閉めもめんどくさいと思ってしまうどうしようもない奴です。。。

この窓は北東に向いています、そして外は我が家の庭が1メートルほど、その先はお隣さんの畑となっているため砂ぼこり?のようなものが入りやすい環境なんですよね。

トイレの間取りはここに注意しよう!

我が家のように窓の下がすぐトイレタンクというのは気を付けたほうがいいです!

「採光」と「換気」の目的でトイレに窓を付ける方がいらっしゃると思いますが、「採光」であれば開かない窓を選択すればいいし、「換気」であれば換気扇の方が効率よく換気してくれます。
正直わたしは、トイレに窓は必要なかったのではないかと思います。

それでも窓をつけたい場合は、快適で手入れがしやすい窓の位置をハウスメーカーさんやリフォーム会社さんから提案を受けましょう。

中立の立場で意見してくれるから安心!

  • 理想の注文住宅のイメージはあるのに、カタログ請求しても住宅展示場に行ってもなかなか進まない
  • 色んなハウスメーカーや工務店に相談したいけど、時間もかかるし大変
  • 自分の予算や収入で注文住宅が建てられるのかわからない
  • 注文住宅を建てたいけど、土地が見つからない

家の購入はやることいっぱい。
まずは理想の土地、理想の住宅を探したいけれども。各ハウスメーカーの担当者と話して、もちろん自社の良いポイントをたくさん聞いて・・・
時間が奪われ情報だけは大量に溜まって、絞り込むのには時間もかかるし、あれもいいけどこっちは高いし、
とかそんな話し合いが続いて何かと進まないのが新築計画です。それを無料でサポートしてくれるっていうんだから、
第三者〈プロ〉の意見を頼ってみてもいいのではないでしょうか??
無料で相談できるので、ぜひ資料請求を!!!
プロに新築計画をサポートしてもらいましょう!

↓↓↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました